スポーツを活かせる!トレーナーになるための方法について

スポーツトレーナーはどんな仕事か

スポーツを活かした仕事として、スポーツトレーナーがあります。担当分野が広いのが特徴でアスレティックトレーナーと、フィジカルトレーナーに分けることが可能です。スポーツマッサージやリハビリなど行うのがアスレティックトレーナーで、筋力トレーニングやウォーミングアップなどを担当するのがフィジカルトレーナーとなっています。プロのチームにはどちらのトレーナーも在籍しており、両方の能力と知識を兼ね備えていることを求められる場合も多いです。

このようなスポーツトレーナーを目指すならば、マッサージ師などの代替医療ができる国家資格を取得していると有利になります。専門学校を選ぶならば、どんな資格が取れるかチェックしておきましょう。また人気職業であるため、トレーナー養成を目的とした専門学校も存在します。現場で活躍している人が指導するので仕事の実情を質問したり、カリキュラムで実際の現場を経験できるのが魅力です。

スポーツトレーナーになるための専門学校の選び方

スポーツトレーナーやインストラクターを目指すならば、現場で求められるニーズに合ったスキルや知識を身につけられる専門学校を選びましょう。トレーナーとして地域の人に指導できるインターンシップがある学校ならば、よりおすすめです。就職する前にどんな実践を経験できるかホームページや資料で確認しておきましょう。卒業後にどんなフォローアップがあるのかも大事です。将来、自分がトレーナーとして活用することをイメージできるような専門学校にしましょう。

スポーツの専門学校の授業内容は、実務に即したものが多く、インストラクターやトレーなどなどを目指す若者に最適です。