ペット保険はかかりつけ動物病院次第!?窓口払い額で比べよう

ペット保険は保険金請求方法が2種類ある

ペット保険は、動物病院にかかった時に、自己負担額がどのくらいかという違い以外に、窓口負担額のみ払うか一旦全額払いを行なうかという違いがあります。加入しているペット保険が、どうぶつ健保対応病院にかかった時に、保険証を提示すれば保険金請求を動物病院側で行なってくれる仕組みも普及しています。一旦窓口で全額払いして、一定額まとまってから保険金請求を行なうと、事務手続きを自分で行なう必要があるので、面倒と感じる人が少なくありません。動物病院としては、保険金請求をまとめて行えば、大した手間に感じることは無いでしょう。窓口負担額が少なくなることで、重症化する前に動物病院へ連れてくるケースが増えれば、ペットにとっても痛い思いをせずに済みます。

免責事項の内容次第で保険料が変わる

ペット保険は、補償割合が50%と70%という商品が一般的です。人間用の健康保険は、財源が足りなければ税金で補填されますが、ペット保険は加入者同士の相互扶助という形になります。財源が保険料のみに限られているので、年間に利用可能な回数が限られているわけです。また、免責事項がペット保険では定められており、保険料が安いほど免責金額と免責内容の範囲が広くなっているので、保険金請求出来る範囲が限られています。窓口で一旦全額払いを行なうタイプのペット保険は、保険料が安い代わりに免責事項の範囲も広くなっていることが多く、どうぶつ健保対応病院で動物病院に保険金請求を任せるタイプのペット保険よりも保険金を受け取れる範囲も狭いでしょう。

ペット保険の比較で保険を安くすることが出来ます。様々な保険が増えてきていますが、比較できるサイトなどが出来たりと便利になっています