老後の豊かさは自分でつくる!イデコと他の制度の違いも知っておこう

老後資産形成に欠かせない制度

イデコの最大のメリットは税制優遇にありますが、同じく税制優遇のメリットを受けながら老後の資産形成ができる制度や金融商品として、NISAや財形年金、個人年金保険などがあります。これらは制度によって積立の額や解約の要件などの違いがあります。いろいろな制度の特徴も理解したうえで、目的やライフスタイルに応じて制度を組み合わせたり、使い分けを行っていくといいでしょう。

イデコは有利なことがいっぱい

まずは年間拠出可能額に制限があるのは、イデコとNISAで、イデコについては働き方によって年14.4万円から81.6万円と異なり、NISAは年間120万円となっています。そのため、イデコは毎月少額の積立をコツコツ続けるのに向いていますよ。そして、積立上限額に関してはNISAは5年で最大600万円までの元本の投資しかできず、財形年金は元利合計で550万円が上限です。イデコは残高がいくらになっても資産形成を60歳まで継続できるのがメリットでしょう。また、掛け金積立時から所得控除が得られるのはイデコのみになりますよ。

中途解約できないので十分配慮を

購入できる金融商品はNISAがリスク商品のみであるのに対し、イデコは預貯金とリスク商品どちらでも購入できるという違いがありますよ。解約要件が一番厳しいのはイデコになりますので、十分に配慮し目先で必要となる資金は預金、現役時代に必要となる資金の運用はNISA、老後資金はイデコというようにマネープランを整理して、各制度を効果的に活用しましょう。イデコをぜひ活用して、自分の老後の豊かさを自分でデザインしていけば、その努力は楽しいセカンドライフにつながっていきますよ。

イデコとは個人型確定拠出年金iDeCoのことを指しており、加入者が毎月一定額を積み立て、その資金を自分で運用し、老後にそれを受け取るという公的制度です。