デザイナーになりたい!専門学校に行った方がいい?

デザイナーになるためには

デザイナーになる為には、必ず専門学校に行かなければいけないという訳ではありません。

世の中には、独学で勉強をする中で才能が認められたり、アパレル業界で働き始めた事によって、ファッションデザイナーになったという人もいます。ただ、アパレル業界というのは、知識や経験を求める事が多く、全くの未経験者ではなかなか働けない事も多い業界です。

専門学校の場合、卒業をする事ができれば、仕事としては未経験であっても、新卒という形で就職をする事ができます。アパレル業界で働きながら勉強をしたいという場合でも、まずは専門学校に行く事を考えておく方が良いでしょう。

専門学校のメリットは高い就職率

ファッション系の専門学校に行けば、ファッションに関する基礎知識、そしてデザイナーになる為に必要な技術等をしっかりと学ぶ事ができます。ですから、基礎をしっかりと身につけたい人にとって、専門学校は最適です。

更に、大きな特徴となっているのが、就職率です。就職率が高ければ、今後も多くの生徒の入学を期待する事ができる為、就職に関するサポートをしっかりと行って貰う事ができます。更に、ハローワークや求人誌には掲載されない企業からの求人が用意されている事も多く、卒業をすれば憧れの業界で働ける可能性が高くなります。

卒業をして、すぐにデザイナーとして活躍できる人はほんの一握りです。ですが、アパレル業界に進む事ができれば、そこから様々なチャンスが生まれる事になります。

ですから、デザイナーになりたいなら、専門学校への進学がおすすめです。

服飾の専門学校は、デザイナーやバイヤー、ショップスタッフなど様々な進路に合ったコースが充実しており、中でも就職サポートがしっかりとしているところに人気があります。