知っておきたい!高校で転入(転校)をする方法

高校でも転校することができる

転入は、「転校」のことであり、今いる学校から別のが学校へ移ることを指します。小学校や中学校では、親の転勤などの都合により子どもが「転校」するというケースがよくありますが、高校の場合でも、転入を行うケースがあります。ただし高校での転入の場合は、親の都合による場合以外にも、進路変更や、学習内容、人間関係などがその理由になっているケースが多いという特徴があると言えるでしょう。そして高校の転入では、学習の成果などを、現在在籍している学校と転入先の学校との間で引き継がなければならないため、さまざまな書類が必要になります。

転入に必要な書類や注意点について

転入に必要な書類としては、在籍証明書や、成績証明書、そして在籍校校長による転学照会書等が挙げられます。特に成績証明書は、それまでの学習成果(単位の修得)を引き継ぐのに必要なものであり、お互いの学校で学習内容が異なっている場合は、引継ぎができないというケースもあるため注意が必要です。例えば、通信制から全日制の学校へ編入する場合は、学習の仕組みが違うため転入は困難になります。しかし、その逆である全日制から通信制への編入は比較的容易だとされており、編入時期についても、通信制の高校では随時募集している場合が多いと言えるでしょう。しかし全日制の場合は、学期末という区切りごとに転入を受け入れるのが一般的であるため、転入を希望する場合は募集時期まで待つ必要があると言えます。また試験内容に関しては、全日制の場合は学力試験と面接になり、通信制の場合は書類審査や作文、面接などになります。

高校を転校することは、学区内の転校であれば難しいですが、県内の転校であれば、引っ越しや転勤が理由の場合に可能となっています。